スーツ姿のプロダクトマネージャー

ITで新しいプロダクトを生み出したいすべての人を応援するブログです。

〈はじめに〉簡単な自己紹介とこのブログについて

私は、メーカー系の古くて大きなIT企業で働いています。職種は何か?といわれると説明が非常に難しい。技術コンサルタントといってみたり、プリセールスと言ってみたりしますが、どれもしっくりきません。それに、人事上の職種はそのどちらでもなくて、SEという話になっています。でも、一般的なSIerのSEとは全く違う仕事をしています。いつも説明に困りますね。

今私は、AIビジネスに携わっていて、機械学習を使った実証プロジェクトをマネジメントしたり、新しい製品の企画をしたりしています。常に目指しているのは、新しい製品を世に送り出すこと。華やかなWeb企業のサービスとは違い、BtoBやBtoGの地味なビジネスに身をおいていますが、市場を創る仕事は楽しいものです。

気がつくと一つの会社で10年以上も働いてきました。SE部門、マーケティング部門、研究所…いろいろな場所で働いてきましたが、ソフトウェアのプロダクトから離れたことはありません。これまでいくつものプロダクトの企画や開発に携わってきました。

あるとき、自分の仕事を一言で言うと何だろうと考えることが多かったのですが、本屋で「プロダクトマネージャー」という言葉を見つけて、まさにこれだ!と思いました。しかし、当時(2007年頃)は日本国内にはあまりそういった仕事はありませんでした。それから10年ほどたち、今あらためて世の中を見てみると、プロダクトマネージャーの仕事は増えていますね。これはとてもよいことだと思います。

このブログでは、これまでの仕事を通して学んだことや、日々仕入れた知識を整理するために、いろいろな記事を書いていきます。