スーツ姿のプロダクトマネージャー

ITで新しいプロダクトを生み出したいすべての人を応援するブログです。

本と本屋が好き

私は暇があると本屋に行きます。
本を読むのも探すのも好きなので、大きな本屋では何時間いても飽きません。
図書館も好きですが、本当に読みたい本は自分で買ってしまうので、図書館の後に本屋に行ってしまいます。

関東に住んでいるのですが、こんな本屋によく行きます。

 

f:id:ku2t:20180224223918j:plain

 

都内にある大きな本屋で本に埋もれるのが好き

新宿や東京駅周辺にある大型書店はとても魅力的です。
私は地方出身で今関東圏に住んでいるのですが、学生時代に東京に来たときには、真っ先に新宿の紀伊国屋書店本店に行ったものでした。

今は、仕事で都内に行った帰りなど、隙を見つけていくようにしています。
狙った本を見てみたいときもいきますが、目的がないときもぶらぶらすることで、面白い本に出会うこともあります。

定期的に通っていると、ビジネスや本のタイトル、装丁のトレンドがなんとなくわかるのもいいですね。

大型書店の中では、やはり紀伊国屋書店の新宿本店が好きです。
技術的な専門書を探すときや、語学のための洋書を探すときにいきますね。


最近よく行くのが、丸の内にある丸善です。
都内に行くことが増えたというのが大きいのですが、雰囲気がよく、品ぞろえもよいので重宝しています。技術系の洋書がおいてあるものよいです。
丸善は、丸の内本店の他にも、多摩センター店、津田沼店、ラゾーナ川崎店などの大きな店舗があるので便利です。

本の街神保町は古本屋さんがたくさん集まっていることで有名ですが、三省堂の神保町本店があり、時々覗いています。

神保町本店 - 三省堂書店

小さな本屋はトレンドが圧縮されている感じが好き

ところで、日本は本屋の数が多いと言われてきました。
大型書店でなく小さな本屋が街のいたるところに存在してきたということです。

しかし、その一方で、本屋が消えている話もあり、寂しい気持ちになります。

書店「存亡の危機」、また本屋が消えていく | 週刊東洋経済(ビジネス) | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

小さな本屋には、大型書店にない魅力があります。
駅構内にある本屋。地方の街中にある本屋。ショッピングセンターの中にある本屋。

こうした本屋はスペースに限りがあるので、品ぞろえは限られています。
しかし、スペースに限りがあるからこそ、別の魅力が生まれます。たとえば、

  • 今の世の中のトレンド、売れている本が小さなスペースに圧縮しておかれている
  • その地域の購買層、地域特性、文化などを背景にした本が少しおかれている

というところです。短時間でトレンドを把握したり、その本屋の周辺の雰囲気を間接的につかむのに有効です。とはいえ、とにかく本屋が好きなので、どこに行っても本屋を見つけて入るという、個人的な動機が強いのかもしれません。

図書館を有効につかう

図書館は、歳を重ねるごとに使う機会が増えてきたような気がしています。

小学生から高校生のころは、まったく使いませんでした。
大学生のころは、専門書を借りたり読むために利用しました。
社会人になってからは、技術書、ビジネス書、専門書、過去の新聞記事を読むために活用しています。

絶版本を探す場合もありますが、新しい分野をざっと勉強するときには図書館が役に立ちます。そのような時は、国立国会図書館のように本を指定してみる図書館でなく、都立中央図書館のように開架できる図書館が適しています。

 

ということで、とにかく本屋が好きという話でした。