スーツ姿のプロダクトマネージャー

ITで新しいプロダクトを生み出したいすべての人を応援するブログです。

プロダクトマネージャーの役割(プロジェクトマネージャーと比較する)

日本で「PM」というと、多くの人は今でも「プロジェクトマネージャー」を思い浮かべるのではないでしょうか。SEの最高峰の一つでもありますね。

しかし、米国でPMというと「プロダクトマネージャー」を指すことが多いようです。プロジェクトマネージャーとプロダクトマネージャー、字面は似てますが、仕事の内容や必要なスキルセットは、ある意味180度違うのではないかと思います。

この2つの仕事を比較しながら、プロダクトマネージャーの役割を考えます。

f:id:ku2t:20180228172202j:plain

 

SIerにいてSIをやらないSE

私は新卒で入社した古典的なIT企業にあって、たまたま業務パッケージ製品の開発を担当することになりました。開発といっても、設計やコーディングだけではなく、チームリーダーとして企画、市場調査、製品の要件定義、開発マネジメント、プリセールスと多岐にわたる業務を経験しました。これは、まさにプロダクトマネージャーの仕事だと思います。

ところが、同期のほとんどは大規模なSIプロジェクトの配属されていたので、久しぶりに会って話しても、話がかみ合わないなと思うことが多々ありました。 

プロダクトマネージャーの役割

Webで調べてみると、プロダクトマネージャーとプロジェクトマネージャーの違いを説明しているわかりやすい記事がありました。

 

上で引用した記事(の中の引用)にあるように、

 プロダクトマネージャーは、「何を作るか」「なぜ作るのか」に責任を持ち、プロジェクトマネージャーは、「いつまでに作るか」「どうやって作るか」に責任を持つ。 

というのがその本質を表していると思います。

IT分野に絞って話をすると、SIerの受託業務のプロジェクトマネージャーというのは、RFPで示された要件を起点としてシステムを完成させることを責務としています。一方、プロダクトマネージャーは、市場の様々な顧客の要求や潜在的なニーズをくみ取って、その中で取捨選択をしつつ、売れる製品を作って普及させる役割を担います。

ここで、私なりに両者の役割の違いを書いてみると次のようになります。

  • プロジェクトマネージャーは、目の前の顧客(ステークホルダー)を満足させることがゴールである。
  • プロダクトマネージャーは、目の前の顧客を満足させるのではなく、その先に見える市場を満足させることがゴールである。

もし、プロダクトマネージャーが作っている製品が、一人のユーザのためにあるのであれば、そのユーザのいう通りにその製品を作ればよいのですが、そんな風にはなりませんね。

まだ見ぬ潜在ユーザのニーズを先取りし、その共通部分を見極め、自分で「What」を決めていくのがプロダクトマネージャーです。大変ですが、とても面白い仕事だと思いませんか?

私はたまたまそれに出会ったことで、すっかりその仕事が好きになってしまいました。

国内でもプロダクトマネージャーの仕事が増えてきている?

当時は、プロダクトマネージャーのスキルを身につける上で、困難なことが多々ありました。

そもそも、プロジェクトマネジメントと違って、知識体系や参考書がありませんでした。その上、配属された部署が立ち上げ~成長期だったので、ナレッジが整理されていたわけでもなく、仕事の実践を通して学ぶしかありませんでした。

今は、国内でもWeb企業では「プロダクトマネージャー」の募集が増えてきました。例えば、求人検索サイトのIndeed (インディード)で検索すると、結構な件数が引っかかります*1。数年前は、転職エージェントに聞いても芳しい答えが返ってきませんでしたが…。

jp.indeed.com

 

新事業、新製品開発に必要なプロダクトマネージャー

最近はAIブームの影響で、IT企業に限らず金融、製造、流通といったITのユーザ企業の中で、新しい製品やサービスを作ったり、事業を起こそうとする動きが活発になっています。また、IT系のベンチャーも増えつつありますね。

こんなとき、新しい事業を起こすリーダーが学ぶべきことは、技術動向だけでなくプロダクトマネジメントの考え方ではないかと思っています。

*1:この記事を書いたときは2819件でした