スーツ姿のプロダクトマネージャー

ITで新しいプロダクトを生み出したいすべての人を応援するブログです。

大切な本を透明なフィルムでラッピングする

図書館に置いてある本をよく見ると、透明のフィルムでラッピングされていることがあります。自分の本にこのフィルムを貼ることがですます。こんな感じになります。


f:id:ku2t:20180319075607j:image

 

古本として売りにくくなるという欠点がありますが、本が長持ちするようになります。専用のフィルムを使うと黄ばみやひび割れも出ません。

早速、このフィルムの貼り方をご紹介します。

 

用意するもの

f:id:ku2t:20180319080928j:plain

ラッピングしたい本の他に次のものを用意します。

  • 透明フィルム(今回は「ピッチン」を使いました)
  • プラスチック製の長い定規
  • カッターまたはハサミ
  • ペンか鉛筆

可能であれば、以下のものもあると便利です。

  • カッティングマット
  • 金属製の長い定規
  • マスキングテープ

ピッチン以外はすべて100円ショップで購入できます。

 

フィルムを貼る前の下準備

フィルムを貼る前に2つやることがあります。

まず、フィルムを本の大きさに合わせてカットします。本の大きさから大体2cm余分に取ります。ただし、サイズが小さい本や薄い本は1.5cm程度でも構いません。

あまり余分に取りすぎると、かえって貼りにくくなるのでご注意ください。

このとき、本の位置をペンか鉛筆で印をつけておきます。
f:id:ku2t:20180319082308j:image

 

フィルムをカットするときは、なるべくカッターを使ってまっすぐにカットします。カッティングマットと金属製の定規があると便利です。
f:id:ku2t:20180319082942j:image

 

カバーをつけたままラッピングする場合には、 作業中にカバーが動かないように仮止めします。マスキングテープかメンディングテープがいいと思います。
f:id:ku2t:20180319082612j:image

 

フィルムを貼る

いよいよフィルムを貼っていきます。失敗するとリカバリが難しいので慎重にやりましょう。

本の端にフィルムを少しだけ貼る

はじめに、本の端にカットしたフィルムを少し貼ります。コツとしては、貼る前にフィルムについている紙を必要な分だけ剥がして折っておくことです。

まず下の写真のように本を置きます。
f:id:ku2t:20180319083302j:image


貼り始めのところの紙を剥がして折り返します。
f:id:ku2t:20180319105541j:image

位置がずれないように貼ります。
f:id:ku2t:20180319083332j:image

 

このとき、余分に長さを取ったフィルムが垂れてきます。本の厚さに対して余分が長すぎると本やテーブルに貼りついて厄介なことになるので注意しましょう。
f:id:ku2t:20180319204046j:image

 

長い定規を使ってフィルムを貼っていく

空気が入らないように定規で押しながら貼ります。このとき、ゴシゴシこするのではなく一気にズーッという感じで押していくのがコツです。また、少々空気が入っても剥がしてやり直すのは難しいです。
f:id:ku2t:20180319204315j:image


f:id:ku2t:20180319204332j:image

 

背表紙の半分くらいまで貼ったら、本をフィルムごと裏返します。このとき、フィルムがテーブルにつかないようにします。
f:id:ku2t:20180319204457j:image

 

裏返したら、再び先ほどと同じ要領でフィルムを貼っていきます。剥がしてきた白い紙がたまってきますが、これを巻き込まないように注意しましょう。私は何度か巻き込んだことがあり、フィルムを途中でカットする羽目になりました。

f:id:ku2t:20180319231250j:plain

 

余分なフィルムを内側に折り込む

フィルムが貼れたら、内側に折り込んでいきます。まず、背表紙に近いところでフィルムを斜めにカットします。
f:id:ku2t:20180319205114j:image

 

次に角の部分を三角に折ります。今回は三角に折りましたが、カットしてもいいです。
f:id:ku2t:20180319205817j:image

 

 これで折り込めるようになったので、折っていきます。まず本の上下から折って、次に側面の方を折ります。
f:id:ku2t:20180319210001j:image

 

最後に背表紙付近に残っているフィルムをカッターかハサミで取り除きます。
f:id:ku2t:20180319210117j:image

 

これで完全です!
f:id:ku2t:20180319210219j:image

 

まずは外側のカバーを外したハードカバーの本でやってみましょう

今回は上手くいきましたが、慣れないころは空気が入ってしまったことがあります。空気が入るとこんな感じになります。
f:id:ku2t:20180319210609j:image

 

このころは短い定規で無理やりやっていたので、よく失敗しました。長い定規を使い出してからは大丈夫になりました。

 

本の形状として、ピッチンを貼るのが楽な順に並べると、こんな感じです。

  • ハードカバーの本で、外側カバーなし
  • ペーパーバックの本で、外側カバーなし
  • ペーパーバックの本で、外側カバーあり
  • ハードカバーの本で、外側カバーあり

外側のカバーがあると難易度が上がります。まず、カバーなしのハードカバーの本でやってみるのがいいと思います。